暗証番号をなくしたい

最近暗証番号が一致しなくなったと言われるようになりました。どうしてそうなったのか理由は不明です。そうなっても簡単に解決できるはずですが、そうでもなさそうなので、そして暗証番号は自分のと相手のがあって、そのことを理解してもらえないことはこれまでもままありましたので、もういっそのこと暗証番号なんて無くしてしまおうかとも思い始めています。あるバージョンから新規インストール時は初期状態で暗証番号なし。相互にメンバー登録していればそれでOK。設定で暗証番号を使えるようにもできるけど大半の人はそんなことしない。だめかな。

 

動かなくなったら

これまで動いていた「いまどこ?」が急に動かなくなったら、それは困ると思いますが、その原因はアプリにあるのでしょうか?ないとは言いませんが、「いまどこ?」が動かなくなる理由はたくさんあって、多くの場合使い方か環境に起因します。「いまどこ?」が位置情報を照会する時に裏側で行われていることを想像するのは困難なので、動かなければアプリが悪いと思うのは仕方のないことです。僕はそのことは呑みます。でも、そういう時に解決策を見つけるための仕組みや仕掛けをたくさん用意しているのに、全く関心を払ってくれない場合は非常に残念に思います。

 

アカウント登録ができない時

最新版のいまどこ?は、アカウントの登録ができない時に「詳しい説明」ボタンを押すと既知の回避方法が書かれた文章が表示されます。確実な方法は分かっていないのが実情ですが、SIMカードを何度も抜き差しして(電源オンオフを伴います)いると治ったというのは実話のようです。

この現象、Androidの問題で僕は起こし方を知りませんが、不幸にして突然この問題に遭遇する人はそれなりにいるようです。間違いなくいまどこ?が悪いと思われるでしょうが、そうではありません。これも、Googleが直せない問題の1つです。

 

いまどこ?を紹介して頂きました

Ketchapp様に「いまどこ?」を紹介して頂きました。こちらです。

ボタンの左右を入れ替えます

OS4.0からダイアログなどのボタンの左右が逆になりました。僕はその変更にものすごい抵抗を覚えました。でもそれがAndroidのOS4.0以降の標準です。ではボタンの左右を入れ替えるべきか?ずっと前から気になっていたのですが、めんどうなのでそのままにしていました。でもついに重い腰を上げて、対応することにしました。次回更新から、OS4.0以降だとボタンの左右が入れ替わります。OS4.0より前の端末なら今まで通りです。僕の端末はOS4.0で3年以上慣れ親しんだいまどこ?のボタンの配置が逆になって苦労しているところです。きっと不満を覚える方はいると思いますが、でもこれが正しい道ではないでしょうか。

 

試用版の試用期間を14日に増やしました

いまどこ?の試用期間は7日でしたが、思うところがあって14日に増やしました。気に入ってもらえるユーザー数は変わらないと思うのですが、より導入しやすくなるかも知れません。

 

いまどこ?試用版のタイトル変えました

Google Playで、「位置検索」というキーワードでいまどこ?を見つけやすくするため、試用版のタイトルを「いまどこ? 位置検索(試用版)」に変えました。でも有料版のタイトルは「いまどこ?」のままです。この名前だけは変えたくないです。

「いまどこ?」は3歳になりました

「いまどこ?」を公開してから3年が経過しました。長い3年でした。その間いろいろと問題を回避する仕組みを追加して来ましたが、いまだに避けられない問題があることや、おそらくは使い方が悪いのにアプリが悪いと言われることが絶えないことは残念に思います。

時々メールで問い合わせをもらいますが、解決したことがわかるのは2割以下ですね。残りは結果が分かりません。一方通行で終わることが多いのです。それでもメールをくれる方はまだ良い方です。Google Playにクレームだけ書かれるよりはね。

 

ブラウザからキャリアメールを送る

僕の端末はいまだにドコモメールサポート対象外なのですが、APKをインストールすることでドコモメールへの移行ができました。それでようやく、docomo IDを使ってブラウザからキャリアメールが送れるようになりました。これで悩みの1つが解決します。Gmailを受信拒否している人(おそらくキャリアメール以外を受信拒否している、どれだけのメールを失っているか分からない人)に質問の回答を返す際の苦痛が減ります。

 

「突然返ってこなくなりました」

「いまどこ?」のユーザーからそう指摘されることがままありますが、これまで僕は「何も返ってこなくなった」のだと思っていました。が、これは正しくないと思い始めています。その指摘のうちのいくらかは、位置情報は返ってこないが、問題があるから拒絶されたことは返ってきていると予想しています。ユーザーにとってはどちらも同じことかも知れませんが、僕から見れば大きな違いがあります。まず対処の方法が違います。間違った対処方法を回答しても意味ないですし。

 

いまどこ?はiPhoneでは動きません

ドコモがiPhoneを扱うようになったためかどうかははっきりしませんが、最近、「いまどこ?」はiPhoneでも使えますか?という趣旨の質問を受けることが増えた気がします。

いいえ、動きません。

僕の知る限りでは、「いまどこ?」と同等の仕様のものはApple以外には作れません。OSの制約が厳しすぎるためです。Apple自身はそういう制約関係なしにアプリを作れるので、その気になれば作れると思いますが、そうでない一般人には無理ですね。そうでないと思われる方は、きっと「いまどこ?」の仕様を知らないと思います。

 

 

 

再起動が必要だと言われる

僕自身、いまどこ?を愛用していますが、定期的に位置情報照会時にOSのバグにより・・・と表示され、再起動が必要だと言われます。長いと数週間言われないのですが、この前は再起動後数日でまた言われました。このバグ、Googleは直してくれません。質問に答えてもくれないようです。悲しいです。

 

ドコモメールは僕の悩みを解決するか

僕の悩みの1つは、携帯キャリアのメールアドレスのメールが来た時に、Gmailで返せない設定のユーザーがいることです。僕はメールをGmailで返したいのですが、キュリアメールしか受け付けないようで、死ぬほど使いにくいSPモードメールで返信するハメになります。何も返さないわけにはいかないですから。その、SPモードメールで返信するのがめんどうなのです。

ドコモメールはマルチデバイス対応らしいので、Gmailを拒否するユーザーでも、PCのブラウザからドコモメールを送れば問題解決!であることを期待しています。そうでなかったらがっくりです。

 

V2.16.0はアプリが停止することがあります

V2.16.0に加えた修正に穴があり、環境によっては確実に「いまどこ?」が停止していました。クラッシュレポートを見て気付きました。(顔面から血の気が失せるとはこういう時のことを言います。)そのダメなパターンに入らなければ気付きません。ダメなパターンで使っている方は測位すると確実に死んでしまいます。早速修正版をリリースしました。大変失礼しました。

 

Fused Locationを組み込みました

現状の測位方法よりは悪くならないと判断したので、Fused Location Providerを利用する状態の「いまどこ?」を公開しました。Google Play Serviceが使える環境では自動的に利用します。設定は増えていません。

ネットワークによる測位でしか使っていませんが、動きを見ていてどうもGPSの測位結果(他のプロセスが行った結果)を参照して利用しているフシがあります。それは僕の期待している内容とは違うのですがしょうがないですね。「いまどこ?」ではGPSとネットワークによる測位結果を分けて扱っているので、Fused Location Providerでネットワークによる測位をやらせた時はGPSの結果は観て欲しくないのですけどね。

 

Fused Locationをテスト中です

ここしばらくFused Locationを「いまどこ?」に組み込もうとしています。Fused Locationというのは超めんどくさい測位処理をGoogleが簡単に、高性能にしましたってものなんですが、Google I/Oで説明された魔法のような技術ではないです。実際に試してみて、「いまどこ?」でどう使うのが良いかあれこれ考えていました。現在その、Fused Locationを組み込んだ「いまどこ?」をテスト中なんですが、微妙な動作をするところがあり(微妙な動作はネットワークによる測位ではずっと昔からあるので目新しくはないですが)、これでいいのか?と思案中です。

多分、現在の測位方法よりも悪くはならないと思うのですが、測位方法の変更はどうしても慎重になってしまいます。

 

返金手続き

また返金してくれってコメントがありました。有料版にしてから一度も動かないとか。メールで質問しないで(サポートを求めず)Google Playのコメント欄に不満と返金してくれって書く状況では、あれこれするよりもこうした方が良いと思いました。僕の返答です。

返金手続きしてもらえれば返金しますよ。

正式な手順(方法)があります。それで申請してもらえれば返金処理します。そして、「いまどこ?」のことは忘れて下さい。

 

こんなことも起きます

僕が普段持ち歩いている端末はGalaxy S2です。OSは4.0.3です。今日遭遇した問題です。

何気なく自己診断を試したところ、送信はできますが着信しません。2回試しましたがダメでした。おや、変だぞ。テスト通知をその端末に送ってみましたが、届きません。これは例のネットワークがらみの、プッシュ通知に応答しない問題かな。で、機内モードにして5秒ぐらい待ってから機内モードを解除したら、届きました。テスト通知が。この現象、良くWiFi利用時に起こると言われていますが、今日は3Gで起きました。(昔から3Gでも起きることは複数のキャリアで経験済みなので驚きはしませんが。)

この現象(問題)20分程度待てばいったん直るそうです。でもこれが、「すぐに戻ってこない」「位置情報が遅れる」とまあ、当然ですが嫌われる原因になっています。何とかして欲しいのですが、Googleはもう何年もこの問題を直せておらず、そしてGoogleの言い分からすると直してくれそうにないです。困ったもんです。

 

定位置に復帰

「いまどこ?」はGoogle Playのライフスタイルカテゴリー、有料アプリのランキングでだいたい4位をキープしているのですが、ここしばらく占い系アプリの瞬間最大風速的影響を受けて5位以下になっていました。でもようやく4位に戻りました。だからどうだということはないのですが、これからも4位をキープできるよう、信頼を失うことをやらかさないようにします。

 

使えないことの方が多いですか?

僕はもう2年以上「いまどこ?」に取り組んでいて、期待した動作をしない理由についてはよく理解しています。また、その理由がとても多いことが悩みです。さらに、いろんなところに注意書きを添えても通用しないことがあるのも悩みです。

これまでの経験から、設定は間違っていないので動くには動くけど、使えないことの方が多い場合の理由はこうです。

  • 絶対にやってはいけないことをやっているがそのことに気づいていない。
  • 再起動が必要な状態に(OSのバグが原因ですが)なっているのにそのことに気付かず再起動していない。
  • 端末の出来が悪くプッシュ通知に即座に応答できない状態に容易に陥る。そのような端末を買ってしまったことは不幸と言うしかありません。

まともな端末をきちんと使えば多くの場合、期待通りに動きます。使えないことの方が多いのは、「いまどこ?」以外に原因があります。と、ここに書いても通じることはまずないですけどね。